スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDドライブの読み込みが遅い時。PIO病対応でも×なとき

以前からDVDドライブの読み込みが遅く、ソフトをインストールするのに大変苦労してきました。

それでも、読み込めないわけではないので、使っていましたが。
さすがにインストールファイルの読み込み(ダブルクリックして起動するまで)に30分近くかかるとか、とんでもない状況に陥っていたので、新しい内蔵型のドライブを買いました。
これまでのはDVDしか書き込めなかったのですが、Blu-rayに対応です(SATA)

しかーし・・・

新しいのを取り付けても、全然速くない。以前と同じような状況!!
付属のDVD焼きソフトのインストールしようにも、読み込むような音を発しつつも、読み込む気がない様子!。

えっ、これはもしや接続ケーブルとか??


ネットで調べてみると、転送速度が遅くなるPIO病なるものが存在することが判明。

参考(富士通サポートページ)
http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=417&PID=3707-6237

傷ついたドライブなどを読み込むと、いつのまにかにドライブの転送モードが「PIO モード」に変更され、遅くなるとのこと。ドライブの転送モードを「DMA モード」に戻せばよいらしい!

ということで、早速確認。

しかーし・・・・

ATA channel⇒プロパティでみても、ドライブに割り当てられているものは全部、DMAモードにチェックされているではないか

うーん、あきらめモード??に入ろうと思ったのですが、ダメ元で

ATA channel⇒プロパティでドライブに割り当てられていない物を「無効」にしてみました。

そうすると、読めました!!!すんなりと。当たり前なのに感動!!

ということで、もし同様な症状でお困りの方は、試してみて下さい。ちなみに、当方の環境はWindows7です。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。