スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えのないカード請求

同様の事象が起きたときにネット検索されるかもしれませんので、記録しておこうと思います。
--------------------------------
1月31日
楽天KCカード請求額をネットで確認していたら、覚えのない請求が目にとまる。

1/20:VISA海外利用 TOOLFORMS.COM 約4000円($39.95)
1/28:VISA海外利用 IEXPOPAY.COM 約3000円($29.95)


海外?11月に海外へは行ったが…1月には行っていない!
ちなみにこのカード、11月にシンガポール・チャンギの空港の飲食店で1回だけ使用しました。
請求先はGB(イギリス?)です。場所も違うし!

ふと、前月の明細を見てみると

12/20:VISA海外利用 TOOLFORMS.COM 約4000円
12/28:VISA海外利用 IEXPOPAY.COM 約3000円


同様にありましたよ・・・どうやら月額的に引かれているようだ。

実際のサイトにアクセスしてみると、全く見覚えのないサイト。
販売店ではなく、何を対象としているかも分からない。そして、サイトデザインも同様。
ひとまず、翻訳をかけてみると、なんかのサービス会社っぽい。

カード会社のサポートは24時間対応でなかったので、翌日サポート開始時間を待つことにする。
---------------
2月1日 その1-問い合わせ-
サポート開始時間に電話したが「大変混み合っています」・・・。これは時間がかかるかな?

待っている間に請求が来たサイトを今一度調べてみると、海外決済っぽい。
ということは、どこかの会社からの請求を、決済会社が代理で請求している可能性が大なので、決済会社にどこからの請求を代行しているのか問い合わせることを思いついた。

ということで、
TOOLFORMS.COM、IEXPOPAY.COMへ、ダメ元で「どこのサービスから請求されているのか?」を質問フォームに入れて送ってみた。

翻訳ソフトを使ったので、正しい文章とは限らないが、以下のような文章である。

I am TAM in Japan.
Card payment claim had been from your company, but it is not in my memory.
It is $29.95 from January 28 and December 28
Please tell me who is demanding payment.
My card number is 4923 XXXX XXXX XXXX. (VISA)

もちろんTAMは本名。カード番号は実際にXXXXである。教えるのも危ないので。

・・そんな作業をしてから、再度サポートに電話をかけると、10時過ぎに電話がつながった。
親身に対応してくれる。調査には2ヶ月ほどを有するとのこと。
調査により、お客様自身のご利用でないことが確認されれば、返金されるとのこと。

ちなみに、「お客様自身でどのような対応をされましたか?」という問いには、さきほどのメールに関しては伏せ、「英語のページなので何もしていない」と伝えた。
返事が来るかも怪しいし、調査は専門家に任せた方がよいと思ったからである。

なお、今回のケースは物品の購入でなく、定額的な引き落としなので、カードを停止することをオススメされる。

即座利用停止→再審査→カード発行の流れになるため、ブランク期間が発生するとのこと。
定期的に引かれるものもカード払いにしているので、これはやっかい!ひとまず保留にして調査だけ依頼した。
---------------
2月1日 その2-カード決済の変更-
停止するのはやめる…と伝えたモノの、利用クレジットカードの変更手続きをしてみれば、多くはWEBで手続きが完了できるものが多い。
もちろん、サポートに電話しないといけないものもあったけれど。

ということで、ひたすら利用クレジットカードの変更作業。1時間少しで終わる。
---------------
2月1日 その3-サポートに再度電話-
再度サポートセンターに電話して、クレジットカードを止めてもらった。
再発行には1週間~10日間程度かかるとのこと。再発行にあたっての基本的事項(住所・ローンの有無・年収等)を聞かれる。
---------------
結局、カードを停止してもらい、再発行する形となりました。

調査結果はどうなるか、気になるところ。
また、英語で送ったメールに返事は来るのか?

実は10年ほど前にもso-netのサービスでアダルト系コンテンツの課金が大量にあり、調査してもらったことがあります。
その結果、中国からのアクセスということが判明して返金してもらいました。
これもやはり調査に2ヶ月ほどかかりました。

調査結果は気長に。対応は迅速に!
ということが結論です。
-------------
追記2月7日
・結局、TOOLFORMS.COM ・IEXPOPAY.COM からメールの返事は来ていません。個人レベルでの調査は難しいと思います。
・楽天カードから、調査依頼承諾の連絡が郵送されてきました(2/4付け)
「海外のカード加盟店管理会社により取り扱われた売上のため、売上伝票等のご利用内容に関する資料の取り寄せも海外のカード加盟店管理会社へ依頼するため1~2ヶ月ほどかかる。資料が届き次第連絡する」というようなことが書いてありました。これからはそれ待ちです。
・2/8には新しいカードが届きました。

-------------
この続きは、調査結果の報告3月6日で。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。