スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落として拾ったモノ

コンタクトレンズを片方落としました(*_*)

どんぶらこっこ~
どんぶらこっこ~

配水管を流れて行きおさらばです(TーT)ノ

偶然、本日は職場が休みだったので、(土日出勤のため)、すぐにコンタクトレンズ店に向かいました。

さて、1年半ぶりのご来店~ということで、早速眼科検診。

お年を召した眼科の先生は妙にお話好きなようで。

「そうかぁ、落としたのか。気を落としちゃいかんよ」
「片方だけの交換か。うん、無駄にお金使う必要ないよ」

と妙になぐさめてくれました。
(特に落ち込んではいませんでしたが)

それ以外にも、
なぜこの(コンタクトレンズ店付属の)眼科で先生をやることになったのか。
いろいろな大学の先生を知っている。有名人からも電話がかかってくるとか、
診察以外のことをいろいろ話をされました。(信憑性は不明ですが)

最後には
「これも何かの縁だから、眼とかで何かあったらすぐ来なさい」
とまで言われました。

そのとき、ふと、「縁(えん)」という言葉の深みを
改めて実感しました。

英訳するとchance(チャンス)になるかもしれませんが、「縁」には
それでは伝わらない日本人の独特のニュアンスがあるように思います。

私のサイトに訪れる方、そして、このBlogを読まれている方も
おそらく何かの「縁」があってのこと。

偶然とか運命とか、関係性とか、そういうこと全てをひっくるめた「縁」。


・・・縁という言葉の再認識。
レンズを落として拾ったモノでしょうか。

コメント

Re: 落として拾ったモノ
どんぶらこ~どんぶらこ~って・・・

ご愁傷です。(悲しい;;)


ひとつを失うと同時に
またひとつ何かを得ている

有名な哲学者の著書に書いて
ありましたね。。。

こうやって、自分がコメントを記入しているのも
きっと何かの縁なんでしょうね。
Re: 落として拾ったモノ
そうですね。得たものに気づくかどうかが大切なのかもしれません。縁って奥が深いです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。