スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼少の頃の耳

よく「音を聞き分ける能力」は、小さな頃で一生決まる・・というような話を聞きます。
英語も、小さな頃に親しんでおくと、将来LとRの発音もうまく聞き取れるという話も耳にします。

本当かなぁ?という気持ちもありますが、私自身、幼稚園の頃からエレクトーン教室に通い
「絶対音感」が身についたことも確かです。

ちまにみ、私の子供は3歳で、文字がまだ読めません。
でも、TVから流れてくる歌謡曲に加え、NHK教育等でやっているような英語の歌も
「耳」で聞いたままを上手にリピートしています。

耳から来た情報を、そのまま素直に受け入れている。
日本語としての言葉、英語としての英単語やつづりなど関係ありません。
そういうこともあって、やはり幼少の頃の耳の能力は高いのかなぁと思えます。

裏を返せば、大人は色々な固定観念に縛られて、
柔軟性を忘れて生きているのですね、きっと。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。