スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素朴な質問

師走に入り、自宅に仕事を持ち帰らないと、なかなか起きている子供の姿が見れません。

今日は何とか「寝かしつけ」には間に合いました。

布団の中で、ふと子どもに「なぜ人は死ぬの?」と聞かれました。

4歳の子なので、どう応えたらいいのか、迷いました。


おもちゃに例えて、
『だんだん古くなると動かなくなってくるよね。体も同じなんだ・・・・。』
などと応えましたが、応えながらも、そんな応えでいいのかどうか悩んでました。

大人になると「当たり前のことは気にしない」というように、固定観念にしばられて生きています。

音楽もおそらく、そういった固定観念を外してこそ、気づくことがあるのかもしれません。

そして・・・音楽作成にあたり、もっともっと大きな”伝えたいこと”を考えなければと感じました。

コメント

こんにちは

seraphic blue で多夢さんのことを知りました。ましろむと申します。
今更という感じですが^^;


多夢さんの作る音楽大好きで、iPodにいれて毎日聴いてます!

実は今ピアノで練習してますw

えっと
これからもお仕事頑張ってください。応援しています。
Re: タイトルなし
こんばんは!
メッセージありがとうございます。
ピアノで練習して頂いているんですね!
これからもよろしくお願いします。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。