スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚愕の事実

VOCALOID 鏡音リン・レンを使った初の楽曲を公開したばかりなのですが、

驚愕の事実に気付きました。

製造元のクリプトン社のホームページをみていたら、過去のニュースリリースで、

『鏡音リン・レン act2』を発売いたします。
『鏡音リン・レン』のアップデート・バージョンである『鏡音リン・レン act2』では、音のつなぎの滑らかさが向上し、ノイズ成分が軽減。従来より簡単かつ的確に歌わせる事ができるようチューニングが施されております。

『鏡音リン・レン』の正規ユーザー様に関しましては、期間限定にてアップデータディスクを無償で配布いたします。
○無償配布期間:2008年9月20日まで
○無償配布対象:『鏡音リン・レン』のライセンス登録を上記期間までに済ませた正規ユーザー様


私が買ったのは、初回版の発売日。
しかしながら、アップデータディスクは送られてきていません
いまさらなのですが、ユーザ登録してなかったってことですか・・・。

説明書を見直してみると、ソフトインストールしたら自動的にユーザ登録画面が出てくるわけではなく、自分でホームページにアクセスして登録しなければならないみたいでした。
(VOCALOIDのシステム自体はヤマハが作っているので、このあたりややこしいです)

制作時に苦労していた声にノイズ乗ることや、つなぎ目がうまく行かなかったりは、act2で解消されていて、それも無償アップデートで対応できたことに、全く気付いていなかったとは・・・。
(作ったバージョンは結構まともに聞こえますが、エフェクトを色々かけてごまかしてます)

なーんとも言えないくやしい気持ちでいっぱいです

※その後、いろいろホームページをみていたら、初期盤は初期盤の良さがあるようなので、ちょっとホッとしています。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。