スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークHDDクラッシュ

記事にはしてなかったのですが、先週くらいにネットワークハードディスク(HDD)がお亡くなりになりました…

ADSLから光回線にしたとき、ネットワークHDDが見られなくなったので、「再設定が必要なのかな?」と思いHDDを調べたところ、自己診断エラーメッセージが示したものは、クラッシュでした

猛暑の部屋の中で、電源ずっとつけっぱなし+ファンにホコリがたまっていたのが原因かも・・・

現在の音楽制作環境は、
「シーケンサーソフト”SONAR”を使用しているマシン」
「WAVE編集、VOCALOIDを使用するマシン」とに分かれており、

それぞれのデータを、普段はこのネットワークHDDをフル活用して、データのやりとりをしておりました。
ところが、ちょうどぼくらは新幹線!最終版を制作中に判明したため、2台のマシン間のデータ移動をUSBメモリでやるはめになりました
ネットワークHDD でのやりとりと、 USBメモリ でのやりとりでは、効率が違います。

バックアップ用のHDDであったので、データ損失としては小さくて済んだのですが、こういうリスクに対して対処しないといけない!!…ってことで、すぐさま2ドライブ搭載・RAID対応のHDDを注文しました。

詳しくはないのですが、1台に2つのハードディスクが搭載されており、同じデータを自動的に書き込み(ミラーリング)、万が一2つのうちの1つのハードディスクがクラッシュしても、もう1つの残っているから安心!という訳です。

ネットで注文し、昨日届いていたので、本日設定し、ちょうど終わったところです。

買ったのは、これ。思ったより、小さかったです。9月末の新製品でした。

ミラーリングできるように設定し、使い始めましたが、その使い方だと2TBの容量が半分の1TB扱いになってしまうのが惜しいですね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。