スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽々しくは

昨日仕事中に揺れを感じ、すぐに気象庁のHPを確認した印象として、
これはただでは済まない…と思いました。

案の定、甚大な被害となってしまっています。残念としかいいようがありません。
復興にも膨大なる時間がかかると思います。

東海地方に住む私には、何ら被害はありません。
息子が40℃の熱をだして、その看病をしているくらいです。
それすら平穏に感じます。

私は静岡県生まれなので、生まれた時から地震のこわさを教育されてきました。
通学路も常にブロック塀など危険な箇所をチェックしておくよう注意されていました。
避難訓練は、必ず地震発生からスタートし、その後火災というストーリーでした。

しかし、これほどの津波は前提にしてなかったように思います。

変な話、いつ大地震に襲われてもおかしくない…と子どもの頃から感じていたのに、一度も大地震にみまわれていません。

でも、子どもの頃からの教育の影響で、非常食の準備や、家具等の転倒防止は確実にやっています。
軽々しくBlogには到底取り上げることのできる内容ではありませんが、日本にいる限りは、次は我が身ですね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。