スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭り曲の方向性

昨晩、そして今日。
随分と風が涼しく感じました。


さて、9月締切の音屋Fes「祭」向けの楽曲。
そろそろ作りだそうかと思っています。

前回の音屋Fes「絆」の際は、調子に乗ってVOCALOIDにチャレンジし、
自分的に玉砕した感があります(笑)。

ですので、今回は「自分らしく行こう!」と考えています。

”祭り”と言えば、にぎやか、そしてはじけた曲調がまず頭に浮かびます。

ただ、私の作る楽曲の曲調は”はじける”ことはあまりなく、自分的に
はじけたつもりでも、おそらく他の人から聞いたら、「え、普通じゃん!」
的なものになってしまうと思われます。

ですので、そういう曲調は他の方にお任せすることにします(笑)。

今のところイメージしようと思っているのは、

祭り=日本のよき伝統そして風景。
喧噪・充実感、その後の何とも言えぬ寂しさ。

これらを、あまり日本的な音色に頼ることなく表現したいと考えています。

とは言え、作り出してみないと、どうなるか分かりません。
お楽しみに(^_^)
(とは言え、販売物なので、皆さんにすぐに聞いて頂ける訳ではないですね・・・)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。