スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再出発

作る作るというアナウンスがあり、そしてアナウンスがしばらく無くなる…という繰り返しの
「TAM Music BOX」のオルゴールCD。

何だか、心が痛いです・・・・。

実は、採算性の問題から、しばらくストップしておりました。

”お金”の話を嫌う人も多いと思いますが、正直なところを書くBlogでもありますので書いてしまいます。

TSUBASAを発売した当初は、自由に使えるお金も結構あり、1日あたりの来客数も確か1500人くらいありました。
ということで、CDプレスの初期投資も問題なく、投資回収も3年程度で無事回収できました。
ただ、このときは、採算割れでもいいかーという思いもありました。
(採算性にもちろん人件費は含まれておりません!プレス代金と販売(送料等)の差額のみです)

さて、作成中のオルゴールCDはどうなのか?
最初は自分でプレスと思いましたが、手間的に現実的ではありません。
私の場合、採算性で値段をつけるというより、市販のCDやTSUBASA(1200円)との料金から考え、皆さんが納得できるような価格…で決めるので、800円にしようと先に値段を決めています。
(もちろん送料無料のつもりなので、実質的には700円くらいでしょうか)

で、CDの中身なのですが、オルゴールということもあり、まずお客さんを選びます。
さらには、現在のアクセス数は1日あたり600人程度と、3分の1強に落ち込んでいます。
つまり、売れるかどうか、かなり怪しい(汗)

そして、初期投資のプレス費も、正直なところどう捻出?という状況でして(汗)。

さらに、私の場合、ジャケットデザインをどうするのかという問題もあり、プレス以外にも費用がかさむことば間違い無しです。

・・・・と、現実的な話ですみません。
ともかく、色々な壁にぶつかっています。

とは言え、ここ1ヶ月色々と考え、
・海外プレスで、ジャケット4Pくらいの、スリムCDにすること
でまず、プレスコストはおさえることに決めました。

ジャケットはCD盤面デザインについては、1万円程度で何とかなる方法を(依頼?)模索予定です。

まだ全曲が完成しているわけではないので、そちらを進めながら、考えます。

これからは、制作活動をもう少しBlogに書くようにし、皆さんの目にふれることで、自分へのプレッシャーもかけていきたいと思います。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。